スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だからバトンは苦手だって言っているにゃ

ネコ語バトン!

※ルール※
○これが回ってきたら次に書く日記の語尾すべてに「にゃ」「にゃん」「にゃー」等をつけなくてはならない。
○「な、ぬ」も「にゃ、にゅ」にすること。
○一人称は必ず「我輩」にすること。
○日記の内容自体は普段書くような当たり障りのないもので構わない。
○日記の最後に5人!まわす人の名前を記入するのを忘れないいこと。
○既にやったことがある人でも回されたら何度でもやる事。

ナロンさんよりまわってきたので、続きから・・・




続きを読む
スポンサーサイト


テーマ : 大航海時代Online - ジャンル : オンラインゲーム

黄色と紫

 陸戦で何かでないかと探しつつ、未達成冒険クエをやっていると、ついに冒険Lvが60になった。Lv64になって大型クリッパーに乗っている人から見れば、まったくたいしたことではないが、よくここまでやってきたものだ。

 とはいえ未発見モノが残り少なくなっているのも事実で、たぶんLv61になる前に発見物は枯渇してしまうと思う。効率よく冒険経験値を稼ぐにしても、そんなコトを繰り返す根気はないので、発見物がコンプしたら、とっとと熟練剣士になってハントに移ろう。今はスキル熟練のロスもまったくないので、こういう時は便利になった。

 陸戦の開拓は続けているが、まだ新上陸でいいモノは取れてない。

●ブルネイ南東

・密漁者Lv54
<交易品>ドリアン パパイヤ
<アイテム>クリス(耐久60/攻撃力38/剣術+1/投てき術+1/必要名声合計5500/レンジ中距離)

●ジャワ島奥地
・ヘイレン一味Lv41
<交易品>石材
<アイテム>秘薬詰め合わせ ゴロキ(耐久45/攻撃力42/冒険系/必要名声合計4000/レンジ中距離)

・ヘイレンLv56
<交易品>
<アイテム>

 やっとアイテム取れたーと思ったら、毎回クリスという微妙な武器なので、実に悲しい。これしか落とさないのだろうか。

 あと、前からあった上陸で、服を狙ってみると、予想していなかったモノも取れた。

大黄染ワストラ


 当初狙っていたのは下の方の服だった。

紫根染ワストラ


 どうやら黄色の方が確率悪いようで、アイテムとしてはレアになるようだ。(ブースト効果では、紫根染が優秀)

 女性用の服なので、これはどちらもオークションで売る予定。



テーマ : 大航海時代Online - ジャンル : オンラインゲーム

Chapter3になって

 Chapter3「Spice Islands」のアップデートなどもあり、いろいろとやっておってすっかりブログの方は放置状態。前回のやったリンク先紹介のその2はまた時間のある時にしたい。

 今回は冒険熟練などを整理してあったので、最初から新冒険クエストなどもやれた。過去の2回のアップデートの時は、冒険職でなかったり、熟練値のロスなどから特定の学問クエストのみやっていたり、勝手気ままに楽しめなかったのだが、今回は最初から楽しむべく準備をしていて正解。

 アップデート時に何度もエラーが出て、結局ファイルチェッカーでダウンロードしてので時間がかかったのは、お約束であったが・・・

 まずアパートの改装、これは北海タイプをそのまま延長。今のデザインで充分満足している。続いて商会コンベンションはポイント5がケルトの腕輪だったので、ボイン渓谷の遺跡の中で発掘、4個納入した。

 それから東南アジアの新港発見に向かい、海賊島ホロを含めた10の街を発見。その後もクエストを消化する予定だったのだが、9つ目の冒険爵位がきたのでロンドンに帰還。これで爵位は男爵になった。あと2つあがれば銀行の金庫枠が30になるので、今度はそれを目指そう。

 追加された新上陸地点はブルネイ南東とジャワ島北岸奥地に行けたので、少しNPC狩りも試してみることに。結果は下の通り。(まだジャワ島の方は試行してない)

●ブルネイ南東

・ブルネイ山賊Lv38
<交易品>水稲 奇妙な実
<アイテム>煙玉 ダヤク戦士のテラ(耐久45/攻撃16/防御12/投てき術+1/剣術+1)

・ラジャン河賊Lv42
<交易品>サツマイモ 蜂蜜
<アイテム>炸裂薬 ダヤク戦士のテラ(耐久45/攻撃16/防御12/投てき術+1/応用剣術+1)

・密漁者Lv54
<交易品>
<アイテム>

 もう少しやってみたかったが、レアを出すために雑魚を狩っていたら、冒険発見に来たと思われる集団が、雑魚を相手にしている間にレアをさらってしまい、気分が萎えてしまった。陸なのでどうすることもできないが、海の上だとPKしたくなる気持ちがよくわかる。

 その後、イベントのみかん仮面を進めて、再度東南アジアに。どうも海賊新職の祭りでカリブ一帯がかなり危険な状態らしい。東南アジアもやがてそういった状況になる可能性があるので、しばらくこっちで未発見クエストをやっていこう。

 冒険用の大型クリッパーが出ということだが、まだまだ乗れるまで時間がかかりそうだ。まあ、続けていれば乗れる可能性もあるので、あせることもないだろう。



テーマ : 大航海時代Online - ジャンル : オンラインゲーム

リンク先ブログ紹介 その1

 さて、みなさま。前回の広告記事で「ここ」が大盛況。多くの人からリンクを貼っていただき、一躍人気ブログになったようである。この場を借りて「1日アクセス100達成プロジェクト」に参加いただいた方に、お礼を。

 また前回、前々回とウチワネタが続いているので、ネタに登場する人物を紹介する意味も込めて、リンクしているノトスサーバーのブログをいくつかピックアップしてみよう。

・歴史ファンの大航海時代

 ノトスブログのなかでも老舗中の老舗。最初の記事は2005年5月27日、知名度は私のリンク先ではダントツの首位を独走。毎日更新されるブログは歴史記事がメインであり、ゲーム内で本人と話したことのない場合、どのような才人が書いているのか畏敬の念を抱く人もいるのではないかと思う。

 が、いざ話してみると、ブログとキャラのギャップに驚愕し、「もしかしてヘンタイ?」ですべてブチ壊しな悲劇が発生することも、しばしば。

 最近はリアル多忙のため、魂が抜けている場合も多く、「めけ」様ならぬ「ぬけ」様と一部で評判である。

・がぶろぐ。

 カエルと珍しいものに目がない芸香さんのブログ。「がぶろぐ」と誤記をすると突っ込みがはいるので、必ず「がぶろぐ。」と表記しよう。2人のキャラで持つスキルは冒険・交易系はほぼ網羅していると思われるも、最近はリスボンやセビリアでボェーっとしていることが多いようだ。

 ブログの一番古い「大航海時代」の記事は2005年2月19日。まだプレオープンが始まってない時期である。

 Fチャットの中ではすばやい突っ込みが多く、ボケ役のこの人この人との絡みは、見事な間というしかないだろう。

・うーあ’ず・るーむ

 ほのぼの系の主婦ゲーマーのブログと思いきや、実はとんでもない絵画の才能を発揮して、一躍トップアーティストになってしまったショコラ画伯のサイト。その前衛的な画風には各界から賞賛、今や雲の上の存在になってしまった。

 ブログの一番古い「大航海時代」の記事は2005年7月29日。ほぼ毎日更新されているので、要チェックだ。

・大航海時代 弁当屋収支報告書

 ロンドンのリーマン・ブラザーズ商会代表のヘンリー・リーマン氏のブログ。ドーティ「めけ」と並ぶズールー「ヘンリー」という、ヘンタイ巨頭の一人である。ブログ開始の2005年8月21日から、一貫して弁当で生計を立てているのはスバラシイ。貧しくても楽しいことはいっぱいあるということを証明してくれるブログである。

 最近はトムヤンクン作成のため、東南アジアに出没している模様。怪人エビ男は貧乏生活から脱却できるのであろうか。

・征覇道

 フランスの軍人、鹿角(しかつの)課長のブログ。現在のサイトは2代目にあたり、初代ブログは2005年9月3日スタート、ここも歴史は古い。脳筋記事がメインになっている。

 ときおり同時に出現する鹿一族のキャラがいるが、彼らも自分のことを「朕」とか「我」とか言っているらしい。恐るべし、鹿一族!

 というところで、今回はここまで。また折を見て他のブログも紹介していこう。

 なお、この機会に第二回フレンド交流会の方々のブログをリンクに追加。不都合ある場合は連絡くだされ。

誤爆三国時代(全面広告)

 前回の予告で好評だった「誤爆王への道」。今回続報が入ってきたので、さっそくお届けしよう。

 この企画は映画化の前に「戦国ウォーシュミレーションゲーム」として発売される予定もあり、入手できた資料にはSTORYの梗概が記載されていた。以下はその抜粋である。

「誤爆王への道 三国時代編」STORY

 15××年、多くの人口をかかえる大陸「GOBAKU」は2つの国が覇権を争っていた。東側の半分はH国であり、国王が出したカレー憲法のもと、着実に勢力を伸ばしつつあったが、西の都に陣を構えるS国の女王との決着はなかなかつかず、2国に分断された大陸は毎日が戦争状態であった。

 そこへ突如、北の豪族Tが2つの大国に対して反旗を翻した。Tは強大な2大国相手に破竹の勢いで連勝を重ね、ついに北方地区を完全制圧する。

 かくて「GOBAKU」大陸は三国時代を迎えるのである。

 小休止にはいったH国王、もともと動きの少なかったS国女王、はたして三つ巴の戦いに終止符を打つのは誰か。

 その鍵をにぎるヒントは「ここ」に隠されている!

 ということで、みんな上の「ここ」クリックしてみよう!



テーマ : 大航海時代Online - ジャンル : オンラインゲーム

誤爆王への道

 なんか流行っているようなので作ってみた。



 誰か本編作ってくれないかなあ・・・




続きを読む

テーマ : 大航海時代Online - ジャンル : オンラインゲーム

私の履歴書

 発見物コンプまでほとんど同じようなことを繰り返している気がするので、ブログに書くようなことがまったくない。このまま放置し続けてしまうのもアレなので、タイトル通り、回想記事などを今後は記していこう。

 最近私と知り合いになった方は、私の装備品などから、軍人と勘違いしている場合があると知った。確かにいつ何時、レアと遭遇するかわからないので武装しているのだが、私は100%冒険者なのである。というより、冒険しかできないキャラなのだ。

 この世界では習得スキルの数は限界があり、全学問・全生産・主要取引・砲撃・白兵と、一人のキャラですべてのことをするのは不可能。どうしても全部やりたいなら、複数のアカウントを持つことになるだろう。

 私の家には最近PCが2台になったものの、長い間1台でやってきた。複アカは1台でもできるらしいが、これは規約違反。また、仮に2台起動できたとしても、複アカをやろうとは思ってない。一人でなんでもやるスーパーキャラには興味がないし、むしろできないことはできる人に協力してもらうのが、ネットゲームのいいところと考えるからだ。

 このキャラは冒険家としてスタートし、今なお冒険家として生きている。始めてから初期の頃に転職した記録は次の通り。

2005/02/28 冒険家見習い
2005/02/28 発掘家
2005/03/26 釣り師
2005/03/26 発掘家
2005/04/07 薬品商
2005/04/14 発掘家
2005/04/24 用心棒
2005/04/28 薬品商
2005/04/30 史学家
2005/05/10 用心棒
2005/05/13 史学家
2005/05/31 考古学者
2005/06/07 紡績商
2005/06/26 傭兵
2005/06/27 准仕官
2005/06/29 薬品商
2005/06/30 准仕官
2005/07/05 薬品商
2005/07/09 考古学者

2005/12/03 釣り師

 スタートして発掘家になってから一ヶ月はそのまま転職せずにやってきたが、会計など他に転職しないととれないスキルのため、転職を何度か繰り返した。商人になったのは薬品商15日間、紡績商19日間の計34日。そしてこの後は現在に至るまで、商人にはなってない。薬品商は冒険にもっとも相性のいい生産スキル「工芸」を育てるため、紡績商は交易レベルをジーベック乗船の数値にするために転職したものと思われる。どちらも、やはり「冒険」のための転職だ。

 軍人職になったのも、それぞれサムブーク、ジーベックに乗船するためで、4~5月の用心棒はジェノヴァスクールで、6月以降はソロでバルト海などに行っていた。この海事修行の合間に造船をR6までにして、自分で船の改造ができるようにもした。当時冒険船を改造してくれる造船師は皆無で、商船・軍船のように船室などを簡単に変更することはできなかった。そのため、冒険家で船の中をいじるには自力で造船を持つしかなかったのだ。

 12月は「釣り師」限定クエストをするために転職(今はこのクエストはどの職でもできるように改定)、当時の発見物をコンプしたので、次なる冒険「レアハント」のために海事職に移ることになる。

2005/12/04 地方海賊
2005/12/07 私掠海賊
2006/02/13 盗賊
2006/03/18 ハンター
2006/04/13 考古学者
2006/07/09 盗賊
2006/07/22 地方海賊
2006/07/22 私掠海賊
2006/07/23 広域海賊
2006/10/14 レンジャー

 これで私の転職の変遷は終わり。2月~3月に新クエストをするため盗賊やハンターになり、その後再度レアハントに向かう予定だったのだが。発見物カード実装のため、やむなく考古学者になってカード集め。全部コンプする前に疲れてモチベーションが最悪になってきたので、途中で放棄して広域海賊に転職した。10月、ガレアスに乗船できるようになり、拡張パックの導入で冒険する気力が湧いてきたので、再度新発見とカード集めを開始して、今に至る。

 2005年は20回転職したが、2006年は8回、2007年はまだ一度も転職していない。長い間この世界にいるが、商人だったのはたった一ヶ月と少しというのが特徴だろうか。それも冒険用の船に乗るためか、冒険に使う生産スキルの修行のためだった。私の中でレアハントはお宝探しという冒険の一つなので、ほぼ冒険しかやってないということになる。

 こうして冒険バカは今もお宝を求めてフラフラさまよっているのである。




テーマ : 大航海時代Online - ジャンル : オンラインゲーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。